肌を白くする方法

肌を白くする方法は?

白い肌に憧れる人は多いですよね。私は肌の色が濃くてという場合には日焼けによって色が濃くなっているという場合もありますが、肌がくすんでいて濃く見えるということもあります。

まずは自分の肌の状態を知るようにすれば、肌を白くする方法もわかってくるでしょう。

日焼けが原因なら日焼けしないように気を付ければ良いということになりますし、くすんでいるということであれば、くすみを取り除けば良いということになります。

とても簡単に言ってみましたが、実際にはもっと気を付けるべき点がありますので次に詳しくお話します。

白い肌のために必要なこと

白い肌を目指すなら次のことに気を付けるようにすることが、まずは第一の方法となります。

  • 日焼けしないように気を付ける
  • 夜は早く寝るようにして睡眠をしっかり摂る
  • 食事のバランスを考える
  • 規則正しい生活をする
  • ビタミンを摂るようにする
  • 美白効果のあるスキンケア用品を使用する

と言ったことは白い肌のためには基本となる方法です。

日焼けはもちろんですが、くすみを解消するためにも重要なことになりますから気を付けるようにしましょう。

白い肌を目指すなら体の内と外の両方からケアしてあげるということはとても大事なことになってきます。現代社会で食事のバランスを整えたり、規則正しい生活を送ろうということはなかなか難しいことなのかもしれません。

ですが少しずつでも気をつけるように意識するだけでも自然と変わってくるものです。まずは始めてみるということも大事なことなのです。

いずれにしても白い肌をめざすと言っても今日始めたら明日は白くなっているということは不可能です。毎日コツコツと続けることで努力も身を結ぶと考えるようにした方がいいですね。

これで肌が白くなる!紫外線対策へのこだわり

どんなに高価な美白化粧品を使ったとしても、日焼けしてしまっては意味がありません。

だからこそ肌を白くするためには、美白効果の高い美容成分を取り入れること、そして日焼け止め対策という両面からの対応が重要です。

では、日焼け対策はどのように行えばよいのでしょうか?

基本は、肌を白く保つためにも、ふだん屋外にいるときはSPF値の高い日焼け止めクリームを何度も塗り直したり、日傘、帽子、サングラスで日焼け対策し、なるべく紫外線の当たらない日陰で待機するなどです。

日焼けの原因となる紫外線をできるだけ浴びない努力をするということですね。

日焼け止めはSPF値が高いものほど、UV-B(紫外線B波)から長い時間、肌を守ってくれます。SPFは紫外線を阻害する能力そのものを表しているのではなく、どれだけ長く効果を発揮できるかを示している点に注意してください。

またPAは、+が多いほど、UV-A(紫外線A波)をカットする効果が高くなり、最大PA++++までの4段階で表記されています。

普段使いなら、SPF20から30、PA++で十分です。これを2,3時間ごとに塗り直すようにすれば長時間のレジャーにも対応可能です。

日焼け止めはムラにならないように丁寧に塗ることを忘れずに。とくに夏は汗をかきやすいので、日焼け止めクリームを何度も塗り直しましょう。

重ねてつけるのが面倒に感じるなら、クリーム以外のUVスプレーやUVパウダーを利用するのも良いでしょう。

また紫外線は、室内でも窓側のカーテン越しから降り注ぎますので、肌を白くしたいなら、なるべく日焼け止めクリームは1年中つけることが望ましいです。

少しでも早く白い肌を手に入れたいなら

「白い肌になりたい」、「できるだけ早く白くしたい」そんな思いを持つ人も多いですよね。理由はそれぞれですが、できるだけ早く白い肌を目指したいということであれば、やはりそれなりの努力を行うことも必要です。

どんなケアを行えば白い肌に少しでも早くなることができるのか? これはなかなか難しいですね。体の内側からのケアはもちろんですが、それと同時に美白効果のあるスキンケア用品を使用するということも必要です。

美白効果のあるスキンケア用品もいろいろありますが、刺激の少ないものを選ぶということも大事です。せっかくのケアも肌に刺激の強いようなものを使用してしまっては、肌が弱ってしまいますし、逆に肌の色が濃くなってしまうということもありますから気を付けましょう。

お勧めの美白化粧品は?

現在美白効果のある化粧品には、実に多くの種類のものが販売されています。正直何が効果があるのかの判断などは簡単にはできません。

そこでどの化粧品が効果があるのかというよりも成分に注目してみると良いでしょう。美白効果のある成分がしっかり配合されているようなものを選択することが大事です。

参考)肌に優しい化粧品

さて、美白効果のある成分ですが、実はこれも色々なものがあります。まずは、ビタミンですね。ビタミンに関しては体の中からも外からも重要な働きをしてくれるものとなってきます。

他にも最近ではハイドロキノンなどが注目されている成分となっていますから現在使用している化粧品に配合されているのか確認してみると良いでしょう。

色白美肌のためには血行をよくすることも大切

肌が白いとそれだけで美肌に見えますし、女性にとっては憧れます。そのため肌を白くしたいと思う女性は多いと思いますが、どうすれば肌を白く、そして美肌になれるのでしょうか?

そのためには日焼けに気を付けたり、美肌に効果のある栄養素を積極的に摂取したりなど、生活習慣を見直すことが大切なのですが、お勧めしたいことは血行を良くすることです。

血行とは血液の流れのことですが、血液は全身の細胞へ酸素と栄養素を届ける重要な役割を担っています。

その血液の流れ、つまり血行が悪いと全身の細胞へ必要な酸素や栄養素が届けられなくなり、細胞から成り立っている臓器の働きは悪くなります。

肌も皮膚という臓器の1つです。血行が悪くなることで新陳代謝がうまく行われなくなり、新しい皮膚に生まれ変わるサイクルも時間がかかって、結果的に肌荒れやくすみ等に繋がります。肌を白くするため、美肌になるためには、血行を良くすることが欠かせないのです。

血行を良くするためには、日頃から適度な運動を心掛けたり、毎日必ず浴槽のお湯に浸かって体温を上げることがお勧めです。運動と言っても大袈裟に考えずに、その場に立ってかかとを上げ下げするだけでも血行を良くすることが出来ます。

顔の血行を良くしたい時は、顔ヨガやツボ押しなどもいいですし、大きな口を開けて「あいうえお」と表情を動かすことを意識するのもお勧め。また、冷たいものをたくさん飲んだり、クーラーの温度設定を下げ過ぎたりしないように、普段から体を冷やさないでなるべく温めるということも心掛けましょう。

ちょっと生活習慣を変えるだけで、肌を白くすることや美肌に近づけることは期待出来ます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

肌が白く無いのは、くすみも原因の1つ

肌を白くしたい人は、肌のくすみの原因を知る事も大切です。肌にくすみがあると、元々は肌が白くても黒ずんで見えてしまうからです。

なので、肌にくすみがあるなら、なぜ肌がくすんでしまうのか、その原因を確かめるようにしましょう。

さて、肌がくすむ原因は、以下の3つが考えられます。

  • 古い角質
  • 血行不良
  • 乾燥

1つは、古い角質が残っているためです。古い角質が残るのは、肌のターンオーバーが乱れているのが主な原因となります。

ターンオーバーは、健康的な生活が送れていないことだけでなく摩擦や紫外線など外からの刺激を受けることでも乱れてしまうので注意が必要です。

2つ目は血行不良で、血行不良は運動不足や睡眠不足によって代謝が落ちているのが原因になります。また身体が冷えると血管も冷えるため血行不良を起こしてしまいます。

また、大きなストレスを感じると血管が萎縮し、血液が固まって血流も悪くなるのです。

そして3つめが乾燥です。肌の乾燥は、保湿が十分に出来ていないために肌のツヤが失われ、くすみをもたらします。

また熱いお湯で洗顔をしたことにより、肌に必要な皮脂を落とすことでも乾燥を招きます。そして顔を拭く時にタオルで力いっぱいゴシゴシと擦ってしまうのも、摩擦により乾燥を招いてしまうのです。

▲ページトップに戻る