肌を白くする方法!美白cafe

肌を白くする方法は?

むかしと違い、今は小麦色の肌よりも白い肌に憧れる人が多いですよね。

でもどうすれば白い肌になることができるのでしょうか?

「日焼け止めを塗ればいいんでしょ?」

確かにそれも大切なこと。でもそれだけでは足りません。

肌が色は日焼けだけが原因ではないからです。例えば、肌がくすんでいて濃く見えるということもあるからです。

犬を抱きながら微笑む女性の写真

このように肌が白くない原因が違えば、対処がそもそも違いますから、まずは自分の肌の状態を知ることが大切です。

日焼けが原因なら日焼けしないように気を付ければ良いですし、くすんでいるのであれば、くすみを取り除けば良いということになるわけですから。

とまあ、とても簡単に言いましたが、実際にはもっと気を付けるべき点がありますので、次に詳しくお話しますね。

白い肌のために必要なこと

白い肌を目指すなら次のことに気を付けるようにすることが、まずは第一のステップです。

  • 日焼けしないように気を付ける
  • 美白化粧品を使用する
  • ビタミンを摂るようにする
  • 食事のバランスを考える
  • 夜は早く寝て、睡眠をしっかり摂る
  • 規則正しい生活をする

以上が白い肌になるための基本となる考えです。

日焼けはもちろんですが、くすみを解消することも白い肌には欠かせない要素となりますから気を付けるようにしましょう。

また白い肌を目指すなら体の外だけでなく、内側も含めたケアが大事です。現代社会で食事のバランスを整えたり、規則正しい生活を送ろうということはなかなか難しいことなのかもしれません。

ですが少しずつでも気をつけるように意識するだけでも自然と変わってくるものです。まずは始めてみるということも大事なことなのです。

いずれにしても白い肌をめざすと言っても今日始めたら明日は白くなっているということは不可能です。毎日コツコツと続けることで努力も身を結ぶと考えるようにした方がいいですね。

これで肌が白くなる!紫外線対策へのこだわり

どんなに高価な美白化粧品を使ったとしても、日焼けしてしまっては意味がありません。

だからこそ肌を白くするためには、しみ、そばかすを防ぐ美容成分を取り入れること、そして日焼け止め対策という両面からの対応が重要です。

では、日焼け対策はどのように行えばよいのでしょうか?

基本は肌を白く保つためにも、ふだん屋外にいるときはSPF値の高い日焼け止めクリームを何度も塗り直したり、日傘、帽子、サングラスで日焼け対策し、なるべく紫外線の当たらない日陰で待機するなどです。

日焼けの原因となる紫外線をできるだけ浴びない努力をするということですね。

日焼けを防ぐグッズの写真

言われるまでもないことですが、とても重要なことなので、ないがしろにしてはいけません。

そのためには使う日焼け止めに理解を深め、こだわることが必要です。

あなたは、UV-A、UV-Bの違いを理解していますか? SPF、PA+ の意味を理解していますか?

日焼け止めはSPF値が高いものほど、UV-B(紫外線B波)から長い時間、肌を守ってくれます。SPFは紫外線を阻害する能力そのものを表しているのではなく、どれだけ長く効果を発揮できるかを示している点に注意してください。

またPAは、+が多いほど、UV-A(紫外線A波)をカットする効果が高くなり、最大PA++++までの4段階で表記されています。

普段使いなら、SPF20から30、PA++で十分です。これを2,3時間ごとに塗り直すようにすれば長時間のレジャーにも対応可能です。

日焼け止めはムラにならないように丁寧に塗ることを忘れずに。とくに夏は汗をかきやすいので、日焼け止めクリームを何度も塗り直しましょう。

重ねてつけるのが面倒に感じるなら、クリーム以外のUVスプレーやUVパウダーを利用するのも良いでしょう。

また紫外線は、室内でも窓側のカーテン越しから降り注ぎますので、肌を白くしたいなら、なるべく日焼け止めクリームは1年中つけることが望ましいです。

どんな美白化粧品を使えばよいのか?

現在、美白化粧品には、実に多くの種類のものが販売されています。正直、どれがよいのか判断することは簡単にできません。

そこで簡単に見分ける1つの方法をご紹介します。

それは、その化粧品に使われている成分に注目するという方法です。そのためには成分についても知っておく必要もありますね。

厚生労働省が認可している美白成分には20種類ほどあり、もっとも代表的なものがビタミンCですね。

ビタミンCと言えばレモン

ビタミンCには抗酸化作用があることが知られており、美白だけでなく美容に欠かせない成分です。

ビタミンCは浸透力が弱いため、浸透力をアップさせたものがビタミンC誘導体です。化粧品などに記載されているのをよく見るのではありませんか?

そのほかアルブチン、エラグ酸、ルシノール、プラセンタエキスなどがあり、白い肌を目指すなら、これらが使われているものを選ぶことが大切です。

また美白という言葉の定義を知っておくことも大切です。

というのも美白とは、シミの原因となるメラニンの生成を抑えることで白い肌を目指すもので、出来てしまったシミを消す、薄くするわけではないからです。

もし出来てしまったシミを薄くしたいのなら、その効果が認められている成分であるハイドロキノンが使われているものを選ぶ必要があるのです。

この辺の話は、↓ に書きましたので、合わせてご覧ください。

参考)肌に優しい化粧品は、どれですか?おすすめは?

美白化粧品をピックアップ

上記で解説した成分を使ったものかつ、クチコミ、インスタ、ブログなどを調査し、話題性、際立った機能などから美白化粧品をピックアップ。どの化粧品がよいのか選ぶのに迷ったら、参考になさってください。

毎日使うもの、とくに基礎化粧品には気をつかってくださいね。

王妃の白珠

まさか使ったその日から白さを実感するなんて!

そんなウソのようなクリームが登場。わたし自身、そんなのウソに決まってると最初は思いました。でも使ってみたら・・・

その秘密はクリームに含まれる沖縄くちゃの力にありました。古くなった角質や毛穴の汚れをしっかり吸着して取り除くことで、あなた自身の肌の白さを取り戻す美白パッククリームなのです。初回価格が安いので、一度その効果を体験してみてください。どのくらい白くなるのかホームページを見るとたくさん写真があるので見てみてください。あなたもきっと試してみたくなるはずですよ。

↓↓↓↓

王妃の白珠公式ホームページ
https://www.churacos.com/

初回キャンペーン価格:1,980円(税別)
本商品/8,800円(税別)
定期割引/5,016円(税別)

ホワイトニング化粧液は、シミ・くすみの原因となる「居座りメラニン」にアプローチし、あなた本来の美しい透明感のある素肌に。

未来の肌を変えるためには、基礎化粧品を替えることが最初の一歩です。しかもホワイトニング化粧液なら医薬部外品だから効果に期待⤴︎⤴︎

ファンケルが大切にするのは正直品質という価値観。たとえば防腐剤、石油系界面活性剤など5つの無添加で肌にやさしい処方が嬉しいですね。何より価格がお手頃なので、継続して使いやすいのもGOOD。(⌒o⌒)v

特に化粧水と美容液で迷ったらコレですね。

ファンケル公式ホームページ
https://www.fancl.co.jp/

トライアルセット:1,830円(税込)
本商品:ホワイトニング化粧液/1,836円(税込)

皮膚の専門家が開発した美白化粧品。まだ見えないシミにもアプローチ。透き通るような白い肌になりたいならアンプルールをお試しください。ハイドロキノンを使ったシミ取りクリームもラインナップにあります。ラグジュアリーブランドのため価格帯は少しお高めですが、ドクターズコスメ(医師監修)なので品質面は折り紙付きです。

アンプルール公式ホームページ
https://www.ampleur.jp/

トライアルセット:1,890円(税込)
本商品:美白美容液/8,640円(税込)

肌が白く無いのは、くすみも原因の1つ

肌を白くしたい人は、肌のくすみの原因を知る事も大切です。肌にくすみがあると、元々は肌が白くても黒ずんで見えてしまうからです。

なので、肌にくすみがあるなら、なぜ肌がくすんでしまうのか、その原因を確かめるようにしましょう。

さて、肌がくすむ原因は、以下の3つが考えられます。

  • 古い角質
  • 血行不良
  • 乾燥

1つは、古い角質が残っているためです。古い角質が残るのは、肌のターンオーバーが乱れているのが主な原因となります。

ターンオーバーは、健康的な生活が送れていないことだけでなく摩擦や紫外線など外からの刺激を受けることでも乱れてしまうので注意が必要です。

2つ目は血行不良で、血行不良は運動不足や睡眠不足によって代謝が落ちているのが原因になります。また身体が冷えると血管も冷えるため血行不良を起こしてしまいます。

また、大きなストレスを感じると血管が萎縮し、血液が固まって血流も悪くなるのです。

そして3つめが乾燥です。肌の乾燥は、保湿が十分に出来ていないために肌のツヤが失われ、くすみをもたらします。

また熱いお湯で洗顔をしたことにより、肌に必要な皮脂を落とすことでも乾燥を招きます。そして顔を拭く時にタオルで力いっぱいゴシゴシと擦ってしまうのも、摩擦により乾燥を招いてしまうのです。

肌の保湿を心掛けて、くすみをなくす

くすみをなくして肌を白くしたい時には、肌をしっかり保湿することが大切です。朝晩のスキンケアでの保湿はもちろんのこと、日常生活のちょっとした心掛けも肌の水分量を増やすことができます。

乾燥やくすみが気になる人のスキンケアでは、化粧水や乳液に加えてプレ化粧水や美容液をプラスすると、より効率よく水分を補えます。

洗顔後すぐの顔にさっと水分を補給できるプレ化粧水には、スプレータイプの容器で使いやすいものが多いので、ぜひ導入を検討してみてください。

スプレーで保湿する女性

日中の活動で外気にさらされて刺激を受ける肌を守るためには、朝のスキンケアでしっかり保湿をしておきましょう。

自分が過ごす空間の水分量を適切に保つことでも、肌をくすみや乾燥から予防できます。空気が乾燥しやすい冬場を中心に、室内では加湿器を付けるようにしてください。

最近では、デスクの隅に置ける卓上タイプのおしゃれな加湿器もあります。

また、身体の内部から潤いを与えるために、こまめに水分を補給する習慣をつけることも大切です。毎日のちょっとした積み重ねで、肌を白くする効果を高めるようにしましょう。

古い角質を取り除き肌を白くする方法

メラニンや古い角質が溜まっていると、肌は白くなりません。肌を白くしたい時には、古い角質の除去や美白化粧品でのスキンケア、紫外線対策などが必要です。

肌がくすんでいたり、黒ずんでいる時は、肌がダメージを抱えている可能性があり、そのダメージを与えている原因を改善する必要があります。

原因として、紫外線や摩擦によるメラニン色素の沈着、乾燥、ターンオーバーの遅れなどが考えられます。

この状態で美白化粧品を使用しても、効果があまり期待できないケースがあり、それを回避する為にピーリングや酵素洗顔をする事が理想的です。

ピーリングは、自宅でできるホームピーリング化粧品があるので、2週間に1回は使用するとよいでしょう。

ピーリングには、肌を柔らかくする効果や弾力性のある肌にする効果が期待できます。

さらに酵素洗顔をすると肌のタンパク質を分解する作用があるので、古い角質は分解されていきます。

洗顔の時は、肌に負担を与えないように洗うのが理想で、ゴシゴシと汚れを落とす感じでやると、肌を痛め乾燥肌の原因や傷をつけてしまいます。

洗顔は、泡で洗うような感じで、優しく円を描くように行うのが理想的です。

くすみは血行不良が原因!?その対処法とは?

あなたのお肌にはくすみがありますか?もしそのくすみの状態が赤みがかってたり、黒ずんでいたりする場合、それは血行不良が原因の可能性があります。

血行不良とは血の巡りが滞ってしまって悪くなった状態のこと。つまり血の巡りが悪いから、それが肌の色味にダイレクトに影響してくるのです。

ではこういった血行不良を原因としたお肌のくすみには、どのような対処法があるのでしょうか?

一番の対処法が体内を流れる血液の循環をよくすることです。このために今日からすぐに実践できることが3つあります。

  • 体を温める
  • リンパマッサージをする
  • 冷たいものを避ける

1つ目はシャワーではなく湯船に浸かって、体をしっかり温めること。もし入浴に時間の取れない時には蒸しタオルを首に当てるだけでも効果があります。

2つ目にシャンプーをする際には、頭皮マッサージを行ったり、首から鎖骨にかけてのリンパマッサージを行うこと。

3つ目に冷たい飲み物は極力避け、積極的に温かい飲み物を飲むこと。

これらをしっかり生活習慣に取り込むことで、血行不良が改善し、お肌のくすみが改善されることでしょう。

ヨガやウォーキング、入浴で血行を促す

肌が白いとそれだけで美肌に見えますし、女性にとっては憧れます。そのため肌を白くしたいと思う女性は多いと思いますが、どうすれば肌を白く、そして美肌になれるのでしょうか?

そのためには日焼けに気を付けたり、美肌に効果のある栄養素を積極的に摂取したりなど、生活習慣を見直すことが大切なのですが、お勧めしたいことは血行を良くすることです。

血行とは血液の流れのことですが、血液は全身の細胞へ酸素と栄養素を届ける重要な役割を担っています。

その血液の流れ、つまり血行が悪いと全身の細胞へ必要な酸素や栄養素が届けられなくなり、細胞から成り立っている臓器の働きは悪くなります。

肌も皮膚という臓器の1つです。血行が悪くなることで新陳代謝がうまく行われなくなり、新しい皮膚に生まれ変わるサイクルも時間がかかって、結果的に肌荒れやくすみ等に繋がります。肌を白くするため、美肌になるためには、血行を良くすることが欠かせないのです。

2人で入浴を楽しむ女性

血行を良くするためには、日頃から適度な運動を心掛けたり、毎日必ず浴槽のお湯に浸かって体温を上げることがお勧めです。運動と言っても大袈裟に考えずに、その場に立ってかかとを上げ下げするだけでも血行を良くすることが出来ます。

顔の血行を良くしたい時は、顔ヨガやツボ押しなどもいいですし、大きな口を開けて「あいうえお」と表情を動かすことを意識するのもお勧め。

また冷たいものをたくさん飲んだり、クーラーの温度設定を下げ過ぎたりしないように、普段から体を冷やさないでなるべく温めるということも心掛けましょう。

ちょっと生活習慣を変えるだけで、肌を白くすることや美肌に近づけることは期待出来ます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

美肌作りにプラスになる栄養素、マイナスになる栄養素

  • ビタミンA、C、E
  • ミネラル(マグネシウム、亜鉛など)
  • たんぱく質(肉、魚など)

美しい肌を目指すには、食生活での栄養バランスに気を配ることも欠かせません。そして肌質を改善する上でしっかり摂取したい栄養素のひとつがビタミンです。

皮膚の健康を守ってハリを与えてくれるビタミンA、美肌に欠かせないビタミンC、抗酸化作用の他に紫外線を防ぐ役割を果たすビタミンEなど、種類によってその働きが異なるので、摂取量に偏りがないよう、多様な食材を摂取することが大切です。

また、マグネシウムや亜鉛といったミネラル類は、肌の新陳代謝を正常化する働きを持っていて、若々しい肌を目指すためにぜひ摂取したい成分です。

肉や魚、豆類に含まれるタンパク質は、肌を構成する重要な成分で、不足してしまうと、肌のハリツヤが損なわれてしまうので、十分に摂取できるよう心掛けて下さい。

  • 糖質

肌に良い影響を与える栄養素がある一方で、肌を老化させる原因となる栄養素もあります。主食の米やパン、麺類、嗜好品のスイーツなどに含まれる糖質です。

肌を糖化させる糖質を余剰に摂取すると、糖化タンパク質が生成され、肌の老化が進んでしまうのです。炭水化物に偏った食生活を避け、ビタミンやミネラル、タンパク質を含む食材を意識的に摂取するようにしましょう。

肌を白くする効果のある成分を賢く摂取するコツ

肌を白くする効果のある成分を食事で摂取する際には、効率よく栄養素が吸収できるように工夫をすることも大切です。

コラーゲンを意識した食生活では、肌を構成するもとになるタンパク質に加えて、コラーゲンの合成を促進するビタミンCをバランスよく摂取するようにしましょう。

シミや色素沈着を薄くする効果を持つビタミンCは、水に溶けやすい性質を持っているため、大量に摂取しても汗や尿に混じって数時間後には排出されてしまいます。

こまめに摂取する習慣をつけ、ビタミンCがしっかり肌に行き渡るようにしてください。

たんぱく質を含む食品には、肉や魚、豆類などがあり、なるべく食事から摂取するのが理想ですが、摂取が難しい場合には、プロテインのサプリメントを服用するようにしましょう。

プロテインには、動物性と植物性がありますが、植物性のプロテインがより効果の持続時間が長くておすすめです。プロテインの摂取により、肌のみならず、髪や爪の美しさもアップすることができるのは、嬉しい効果です。

白い肌を目指すなら、しっかり水分補給をする

肌を白くするには、スキンケアはもちろんのこと、インナーケアも必要です。食事での栄養バランスに気を配ることに加えて、水分をしっかり摂取して、美肌対策を取りましょう。

水分は身体を構成する上で欠かせない成分で、美しい肌を作る上でも大切な成分です。

水分補給をする女性

水は、肌を作るもとになるタンパク質の構造を安定させるのに重要な役割を果たしていて、不足してしまうと、肌荒れや乾燥といった肌トラブルが起きやすくなります。

水分補給には、お茶やコーヒー、ジュース類ではなく、水が最適です。冷たい水を飲むと、身体を冷やしてしまう原因となり、代謝が低下してしまうので、水は常温で飲むようにしましょう。

一度沸かしたお湯を飲みやすい温度に冷ました白湯もおすすめです。

しっかり水分を摂取すると、体の巡りが改善されて体外に老廃物が排出され、肌を白くする効果が期待できます。

起きがけに一杯の水を飲むと、水分補給になるだけでなく、胃腸に刺激が与えられ、自然な便通が促されます。便秘が原因で吹き出物やニキビができやすいという人は、意識して水を飲む習慣をつけましょう。

美白のために乳酸菌も摂ろう!その方法と注意事項

肌を白くしたいという女性は、とても多いですね。もちろん美白化粧品を使用するといった方法もありますが、食生活を見直すことも重要と言えます。

なぜなら腸内環境を改善すること肌のくすみ、肌トラブルの予防に繋がる上、新陳代謝の改善にも役立つからです。新陳代謝が活発になれば肌の生まれ変わりが早くなるため、自ずと本来の白さを取り戻し始めます。

それでは腸内環境を改善する食品を紹介すると食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などを挙げることが出来ます。

食物繊維を多く含む食品としてはゴボウなどがありますし、また青汁には明日葉、大麦若葉といった食物繊維が豊富な植物がたっぷりと配合されています。

乳酸菌に関してはヨーグルトやキムチ、納豆、味噌などの発酵食品、乳酸菌飲料などで摂取することが出来ますし、オリゴ糖は乳酸菌の餌となるので腸内環境の改善につながります。

ただ善玉菌の仲間であるビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれますが人によってはアレルギー症状が出たり、肌トラブルが起こる場合があるので注意してください。

このように腸内環境が改善されれば、栄養の吸収率もアップし、免疫力も高まるので肌荒れの予防にも役立つというわけです。

▲ページトップに戻る

テキストのコピーはできません。