肝斑(かんぱん)とシミは同じじゃないの?肝斑を消したい人のケア方法

ふと鏡を見てみたら、「あらっ、いつの間にかシミができちゃってる」と思ったことはありませんか?

今までなかったシミを見つけてしまうと、何となくガッカリしてしまいますね。

肝斑を見つけて、がっかりしている女性

大塚寧々さんが出演していたCMで、肝斑という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。聞いたことがあっても実際には肝斑がどのようなもので、シミとは何が違うのかということまでは詳しく知らない人もいるかも知れません。

肝斑とシミはよく似ているので、なかなか見分けがつきにくいこともあります。肝斑をシミだと思ってケアしてしまうと、症状が悪化してしまうこともあるので注意しなければなりません。

肝斑とシミの違い、できてしまう仕組み、見分け方、そしてケアの方法についてご紹介します。

肝斑に関するいろいろな知識が増えれば、予防法と治療法はどうしたらよいかも分かってきます。透明感のある白い肌は、女性の永遠の憧れですよね?

肝斑とシミは同じじゃない!違いは、どんなところにあるの?

肝斑も大きく分類すると、シミの1種です。一般的なシミは紫外線を浴びたことによってできますが、肝斑は紫外線の影響を受けなくてもできます。だから肝斑は、紫外線対策をしていてもできてしまうのです。

通常のシミ対策として行う美白ケアをしても治すことはできないし、シミ取りのレーザー治療をすると逆に悪化してしまうのです。肝斑は摩擦や紫外線などの外からの刺激を受けると濃くなるというのが特徴です。

肝斑ができやすい場所と形状・シミとの見分け方

肝斑

肝斑ができやすい場所は目の周りを除いた、頬骨付近に左右対称にできるのが特徴。

目の下にクマができる場所を除いた辺りに、両方の頬骨に沿って比較的広い範囲にできて、シミの輪郭が分かりにくく、もやっとしたシミです。

人によっては額や、口の周辺にも左右対称にできることもあります。季節や体調によって、肝斑の色の濃さが変わります。

シミ

シミができてしまう原因は、紫外線が蓄積することにあります。シミは男性も女性も性差なくなく、幅広い年齢層の人にできます。

紫外線を浴びると活性酸素が大量に発生して、細胞が酸化してしまうのを防ぐために表皮の一番深いところにあるメラノサイトから、メラニンという黒い色素を作り出そうとします。

日焼けをした時に肌が黒くなるのは、肌が黒くなることで紫外線が肌の奥まで到達しないように細胞を守ってくれている働きからです。

肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり・新陳代謝)が正常であれば、古い細胞と一緒にメラニン色素が垢として排出されます。

肌のターンオーバーが乱れてしまうと、皮膚に色素が沈着して残ってしまいます。これがシミです。シミが左右対称にできることは、ほとんどありません。

シミには手の甲や顔などにできる老人性色素班・小さな粒のようにできる雀卵斑・イボのような形をしている脂漏性角化症など、いくつかの種類があります。

肝斑以外に左右対称にできるシミとして、遅発性両側性太田母斑というシミがあります。肝斑と区別しにくいことで知られていて、茶褐色に青たんが混じったような色をしているのが特徴です。

シミを改善するには紫外線対策をしっかりとすること・根気強く美白ケアを続けることです。

肝斑ができてしまう意外な原因・こんな仕組みでできる!

肝斑は女性ホルモンのバランスと密接な関係があります。

30歳代~40歳代で発症することが多く、妊娠中にできやすい・経口避妊薬(ピル)を飲み始めたことがきっかけ・生理不順などで発症したり、症状が悪化します。

強いストレスも女性ホルモンのバランスが乱れる原因になるので、ストレスが多い人は注意が必要です。

肝斑の症状は、だいたい50歳代の後半までみられます。50歳代後半以降には肝斑の症状が軽くなったり、自然に消えてしまうこともあります。60歳代になってから肝斑を発症することは、ほとんどありません。男性よりも、女性に多くできます。

身体の外に原因があるのが一般的なシミで、身体の内側に原因があるのが肝斑だということができます。

肝斑を消したい!治すには、どうしたらいいのか知りたい

屋外でも屋内でも、紫外線対策を怠らないこと

紫外線の影響があるわけではありませんが、すでにできてしまっている肝斑が濃くなってしまうことがあります。

屋外でも、屋内でも、油断しないで紫外線対策をすることが大切です。UVAという紫外線は窓ガラスを通り抜けて、肌に影響を与えるので要注意。

肝斑に効いてくれる食べ物はある?

肝斑が女性ホルモンの乱れと関連しているのならば、女性ホルモンを整えてくれる働きがあるものを積極的に摂ることを心掛けることをおすすめします。

女性ホルモンの働きを整えてくれるのは、大豆イソフラボンが有効です。大豆・豆製品に含まれています。大豆・納豆・豆腐・油揚げ・豆乳・きな粉・味噌。

大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンによく似た働きをしてくれることで知られています。

ホルモンバランスの乱れを整えながら、肌のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり・新陳代謝)を促すことで改善効果があるのです。

美肌を保つために欠かせないといわれているビタミンC・ビタミンHを摂ることもおすすめ。ビタミンCは果物全般・パセリやピーマンなどに含まれています。ビタミンHは大豆たんぱくにも含まれていますが、イワシ・卵・ベーコン・小麦などに多く含まれています。

肝斑を医療機関や内服薬で治す

できてしまったシミが肝斑ならば、よい薬があります。内服薬ならトラネキサム酸が配合されたものとビタミンC、塗り薬ならトレチノインを使ったクリームがあります。

トラネキサム酸には肝斑の原因であるプラスミンの働きを抑制する効果があり、ビタミンCは肌の代謝に欠かせない栄養ですね。

いずれも医療機関で処方してもらうことが可能ですが、肝斑を含めたシミの治療は基本的に病気ではないので健康保険での診療は適用されません。自費での診療になります。

トランシーノII

ちなみにトラネキサム酸を配合した市販薬に第一三共のトランシーノIIがあります。価格は内容量によっても異なり60錠で1,944円(税込)、120錠で3,672円(税込)、240錠で6,804円(税込)です。

ドラッグストアなどで手に入るので、こちらのほうが利用しやすいですね。

トランシーノII/120錠【第1類医薬品】

肝斑ができる仕組みを理解して、身体の外側と内側からのケアを

30歳~59歳の多くの女性が「肝斑の症状がある」と答えており、20歳でも肝斑の症状があると答える人もいます。

肝斑ができる原因は、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことです。シミといえば紫外線というイメージが強いですが、肝斑は紫外線に当たっていなくてもできてしまいます。

すでにできてしまった肝斑のシミの色が濃くなってしまうこともあるので、紫外線対策は屋外・屋内を問わず、しっかり行うのがベストです。

肝斑に有効な内服薬は「トランシーノII」という薬ですが、肝斑ができてしまう原因が女性ホルモンの乱れなので、女性ホルモンの乱れを改善してくれるような食品を積極的に摂ることも大切です。(大豆・大豆製品・ビタミンC・ビタミンHなど)

肝斑の予防や改善に有効な、意外な食べ物があります。何だと思いますか?答えは、バナナです。バナナはビタミン・ミネラル・β―カロテン・ポリフェノールなどを含んでいる栄養豊富な果物です。

バナナは抗酸化力も高く、老化が進行する働きをする活性酸素を無毒化する効果や、細胞や血管の酸化も予防してくれます。

肝斑になりやすい年齢層は、女性が一番輝いている時期です。身体の外側と内側からケアをしてシミのない、白い肌を目指してみてはいかが?

参考文献

▲ページトップに戻る

テキストのコピーはできません。