肝斑とは

美白を取り入れても、シミが中々消えない場合には、肝斑ではないか、セルフチェックを取り入れてみましょう。肝斑である場合には、一般的な美白化粧品では、改善する効果はありません。

肝斑とは、目の下から頬の辺りにできる左右対称の大きな、もやっとしたシミです。しっかりとした形があるシミではなく、全体に広がるようなシミとなりますから、肌の色合いが、他の部位と比べると濃いと感じる場合には、肝斑である可能性があります。

肝斑は、女性ホルモンが影響してできる事が多いとされており、30代から40代にかけてできるシミです。妊娠を経験している女性の方が、出やすいとされています。

肝斑は、内服により、改善させることが可能です。トラネキサム酸と呼ばれる成分が配合となっている内服を取り入れる事で、徐々に肝斑が薄くなってくるとされています。治療方針によっては、ビタミンCや、ハイドロキノンが配合となっている外用薬も一緒に使用する場合もあります。

内服や外用薬は、皮膚科を受診し、肝斑であると診断を受ける事で、処方してもらう事が可能です。

皮膚科での治療を取り入れても、効果を実感する事が出来るまでには、4週間から5週間程度かかりますし、その他にもシミが気になっている場合でも、まずは肝斑の治療が優先となりますから、根気強く治療を続けましょう。

肝斑が薄くなってくることで、その他のシミが目立つようになってしまう人もいますが、まずは肝斑をしっかりと消すことを考えましょう。

▲ページトップに戻る