間違ったスキンケア方法とは

間違ったスキンケア方法として、取り入れている事が多いのが、間違った洗顔です。

洗顔の際、お風呂のついでに一気にクレンジングや洗顔まで取り入れている人が多いのですが、お風呂のお湯で洗い流すのは、美白を目指す人にとっては、肌の乾燥を招いてしまう原因となりますから、注意しましょう。シャワーの適温である38度は、皮脂と落としすぎてしまうと言われていますから、ぬるま湯の温度を利用しましょう。

シャワーで洗い流すこともNGとなります。シャワーの水圧は、非常に強く、毎日顔にシャワーの水圧を当て続ける事で、シミの原因となってしまう事もありますから、美白を目指す場合には、シャワーを使用せず、手のひらにすくった水で優しく洗い流しましょう。

その他にも、美白を取り入れる事ばかりに気を取られてしまい、乾燥肌やオイリー肌のお手入れをしっかりと行う事が出来ていないような人も少なくありません。美白を取り入れる場合には、まずは普通肌を目指すことが大切であるとされており、肌の状態が良くないと、美白を取り入れても、効果が出にくくなってしまいますから注意しましょう。

中には、オイリー肌であるのに、本当は、インナードライ肌である事に気が付いていなかったり、乾燥肌であるのに、混合肌であると勘違いしてしまう事で、正しいスキンケア用品を選ぶ事が出来ていないような人も少なくありませんから、間違ったスキンケア用品を選ばないようにする事が大切となります。

▲ページトップに戻る