白い肌になるためにピーリングをしよう。ただし正しいやり方でね。

ピーリングという言葉を聞いたことがある人は、多いかも知れませんね。

白い肌になりたいなら日焼け止めを塗ったり、美白に有効な成分が入っている化粧品でケアすることも、もちろん大切です。

ピーリングは肌の表面に残ってしまった古い角質を取り除いて、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり・新陳代謝)の乱れを改善して、正常にするために行なうスキンケア。

ピーリングするなら正しいやり方で

英語の「Peel:皮を剥く」から生じた言葉で、肌の一番上にある角質(皮)を剥ぐという意味です。剥ぐといわれると、「何だか痛そうだし、怖いな」というイメージを抱いてしまうかも知れませんね。

ピーリングは正しいやり方を理解して行えば痛くも、怖くもありません。ぷるぷる・もちもちの透明感のある肌を手に入れることができるのです。

これを読み終えた後にはマイナスのイメージから、プラスのイメージに変わっているかも知れません。

それでは正しいピーリングのやり方や注意点などについてまとめてみますね。

ピーリングって、美白とどんな関係があるの?

ピーリングは正しいやり方を理解して行うと肌を白くしてくれ、シミも薄くなることも。

ピーリングを行うことで古い角質を柔らかくして、溶かし取り除いてくれるのです。美白に導いてくれる理由は、まさにここです。

肌の角質は古くなってくると自然に垢として剥がれ落ちてくれるのですが、何らかの不調で古い角質が残ってしまうことがあります。

そうなるとシミや肌荒れが気になるとか、ニキビ跡が目立ってしまう、乾燥しがちになるなどの肌トラブルを起こしやすくなることや、角質が蓄積されることで肌の透明感や明るさが感じられなくなってしまうのです。

ピーリングは正しいやり方で

ピーリングにも、いくつかの方法や種類があります。方法は医療機関で行うケミカルピーリングと、自宅でできるソフトなピーリングの2つに分けることができます。

ピーリングの種類も2つに分けることができ、薬剤を塗って角質を溶かすタイプか、強制的に力を加えて剥がす処置をするタイプです。

自宅で手軽に使うことができるピーリング材はリンゴ酸やクエン酸などの果物から抽出した酸を使っています。そのため肌への刺激が弱く、安全に使えるようになっていますので、ご安心を。

医療機関でのピーリング

ケミカルピーリング(肌の表面に酸性の薬剤を塗って残ってしまった角質層を溶かすことで、新しい肌細胞が作られるのを促す治療法)は専用の薬剤を使って古い角質や、毛穴に詰まった角栓などを取り除きます。

目的や症状に合わせてサルチル酸・乳酸・グリコール酸などの酸性の薬剤を使用します。

角質だけに行なうものから真皮の一部に及ぶものまでピーリングの方法や種類がありますが、多くは角質のみのピーリングが施術されます。

自分で行うピーリング

ピーリング効果がある洗顔石鹸・手軽で初めての人にもおすすめ

化学的な成分を配合し、ケミカルピーリングが自宅で簡単にできる品目の1つです。

普通の洗顔石鹸と同じように使えて、基本的な洗顔と同じ要領で洗顔します。十分に泡立てて洗顔することで古い角質が剥がれ落ちて、くすみ・シミ・ニキビ・ニキビ跡などの改善につながります。

角質を溶かす成分が入っているので、毎日の使用だと肌の負担になってしまう可能性があります。

医療機関で使われる薬剤のように濃度が高い成分を使っていないので、ピーリングが初めての人にもおすすめ。

ピーリングジェル・角質が剥がれ落ちているのを実感できる

洗顔後に使います。商品によって肌が濡れている状態で使えるものと、濡れた肌には使えないものがあるので、使用前に説明書を読んで確認をお願いします。

ジェル状になった適量の液体の適量を顔全体に広げてから、力を入れずに優しく顔のマッサージを続けていると、少しずつポロポロした消しゴムのカス状のものがでてきます。

肌のごわつき・ざらざら感が気になる部分を中心に1分間くらいマッサージをした後、ぬるま湯で洗い流します。

ポロポロした角質がでてくるのが落ちている実感として確認できるので、気持ちよくなったり、嬉しくなってしまいますが決められている時間以上に肌をこするのは禁物。

肌の負担になってしまうので、気をつけてくださいね。

ピーリングパック・肌の汚れと古い細胞を一緒に剥がす

ピーリングパックを塗った後に決められた時間放置してから、固まったら剥がすというものです。

一般的な顔パックのように肌によい美容成分を補給するというよりも、肌に残っている必要ではないものを取り除くのが目的。

固めて剥がす時に肌の汚れと、古い細胞を一緒に剥がすことができます。ジェル状になっているもの・泥でできたクレイパックがあります。

毎日食べている主食のお米・お米のとぎ汁でピーリング

「えっ、お米のとぎ汁でピーリングができちゃうなんて、本当?」と思うでしょうが、お米のとぎ汁には美白効果があるのです。

お米のとぎ汁

お米のとぎ汁に含まれている成分はセラミド・オレイン酸・ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE。

お米のとぎ汁には肌の保湿成分であるセラミドなどが含まれているので、肌のバリア機能にダメージを与えることなくピーリング効果を得ることができます。

またお米のとぎ汁の中には、小さなお米の粒子が入っています。この小さな粒子がスクラブのような効果を発揮してくれるのです。

お米のとぎ汁を準備する

  1. 最初にサッと洗って、お米表面の汚れを取る
  2. 水を捨てて、お米をとぐ(この一番濃い、お米のとぎ汁を洗顔に使います)
  3. 水を入れて、お米のとぎ汁を流す時にペットボトルなどの容器に保管する
  4. これ以降は、普段通りにお米をとぐ

この4つの手順の中で、大切なポイントになるのは一番最初。最初にサッと洗って、お米の汚れだけをと取るようにします。

ここでお米の栄養成分が流出してしまうと、洗顔の効果が弱くなってしまいます。

お米のとぎ汁を使った洗顔のやり方

  1. 最初に普段通りにクレンジング・洗顔をする
  2. ペットボトルなどに移した米のとぎ汁を、ぬるま湯で1.5倍くらいに薄める
  3. 2で顔全体を優しく馴染ませるように洗う

お米のとぎ汁洗顔をする時の6つの注意点

お米のとぎ汁は生鮮品なので、長期保存ができません。ですから以下の点に注意してください。

  • 早めに使い切ること
  • 使うまでは冷蔵庫で保存すること
  • 原液では使わずに1.5倍くらいに薄めて使う

また洗顔をする時は、ぬるま湯を使い、強くこすらないこと。肌に合わない場合は、使用をやめることが大切です。

ピーリングする時、した後の注意点は?

古い角質は邪魔者扱いされがちです。確かに古い角質を取り除いた方が、美肌になれることは間違いありません。

でも古い角質は外部の刺激から肌を守ってくれるというバリア機能の役割も果たしてくれています。肌を守ってくれている角質を取り除いた後の肌は、とてもデリケートな状態になるのです。

外部からの刺激に弱く、乾燥しやすい肌になっているので十分にケアをしないと肌荒れやシミ、色素沈着を起こす原因になることも。

ですから保湿性の高い化粧品で十分に潤いを与えて、メイクは低刺激のものを使うようにするとよいです。

まとめ

年齢を重ねると、いろいろな肌の悩みがでてきますね。ピーリングは美肌や白い肌を手に入れたい人の強い味方。

ピーリングをすることで肌がモチモチ・つるつるになり、お化粧のノリもとてもよくなります。

医療機関でのピーリングは治療費が高額になることがあるので、事前にホームページなどで確認をしてから足を運ぶとよいです。

自宅で手軽に行えるピーリングは弱い薬剤を使っていても、使用頻度をきちんと守って使うようにします。

ピーリングを週に1~2回のエイジングケアとして取り入れてみることで、3か月後・6ヶ月後・1年後の肌がきっと変わってくることでしょう。

参考文献

▲ページトップに戻る

テキストのコピーはできません。