出来たシミ・そばかすを消したいならハイドロキノンを使うべし

あなたも「しみ・そばかすを消したいのに、なかなか消えないな」と思いながら、何となく美白化粧品を使い続けていませんか?

また、

  • しみやそばかすって、何をやっても消える気がしない
  • 何をやったら消せるのか分からない

と諦めにも似たような気持ちで美白化粧品を使っていたりしませんか?

美白化粧品というイメージから「しみ・そばかすを消すのに効果がありそうだ」と思って使い始めてみるものの・・・

どうしたら消せるのか?

実際のところ、美白成分が含まれている化粧品を使っただけでは、すでにあるシミ、そばかすを消すことは難しいのです。

化粧品をただ使えばよいというわけではありません。何に効くのかしっかり理解して使うことが何よりも重要なのです。

「えっ!? じゃあ、どんな化粧品だったら期待できるのか知りたい!」

そう思ってしまいますよね?

そこで今回、出来てしまったしみ、そばかすにフォーカスして書いてみました。どんな化粧品がよいのか思い浮かばないなら、ぜひ読んでみてくださいね。

しみ・そばかすを予防し、色素沈着が少ない美肌に

  • せっかくお金を出して買った美白化粧品だから、頑張って使い続けてみたけど何だか効果を実感できない。
  • 本当にしみ(そばかす)が目立たなくなる時がくるの?

と不満に思ったり、不安になってしまうこと、あなたもありませんか?

美白という言葉の本来の意味は、肌が白くなるとか、すでに出来てしまっているしみ・そばかすが消えるというのではなく、しみ・そばかすなどを予防して色素沈着が少ない、明るい美肌を目指すスキンケアのことなのです。

もう少し捕捉すると、日焼けしてしまった肌をあなた本来の肌色まで白くするということです。

ちなみに本来の自分の肌色を知るのに良い部分があります。それは太ももの内側です。直接日に当たることが少ないため、あなた本来の肌色のままなのです。

「私は地黒だから」と感じている人も、太ももの内側なら案外、白いと感じるのではありませんか?

しみができる仕組みを知り、メラニンを作り過ぎない肌を目指す

シミができる仕組みを知っておくことで、シミを予防する方法を理解する助けになります。

ただやるのではなく理解して取り組むのでは雲泥の差となるので、ちょっとむずかしいかもしれませんが、理解しておきましょう。

さて、その仕組みについてです。

肌は、紫外線を浴びたり、毎日のクレンジング・洗顔、そして顔を拭く時に力を入れてこすってしまうと肌の内部では炎症が起きます。すると肌の内部にあるメラニンが作られる工場であるメラノサイトが活性化します。

メラノサイトで「メラニンの生産を開始します」というスイッチがオンの状態になっても、肌のターンオーバー(新陳代謝)によってメラニンは、徐々に皮膚の表面に押し上げられ最後には垢として排出されます。このターンオバーが機能していれば肌の色は一定をキープできるのです。

メラニンとターンオーバーの解説

でも長期間に渡って紫外線や摩擦などの肌ダメージが積み重なると、メラニンが過剰に生産され続けるようになって肌のターンオーバーも乱れがちになってしまいます。するとメラニンが垢として排出されずに肌の内部に蓄積して、しみの原因になってしまうのです。

ちなみに、そばかすができる主な原因は、遺伝性のものと考えられています。医学的には雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、斑点の大きさは、しみよりも小さく鼻の周りや頬に出やすいのが特徴。

誰もが知っている赤毛のアンの主人公も同じ場所に、そばかすがありましたよね?

そばかすは顔以外にも首・胸元のデコルテや肩など日常生活の中で、紫外線の影響を受けやすいところにできます。紫外線を浴び続けると、症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

そばかすが現れる時期は幼少期からで、10歳代の思春期にかけて少しずつ濃くなります。

でも、それ以降は年齢を重ねるに従って薄くなっていくのが特徴です。

美白化粧品は未来の肌を、シミのない方向に導く

前述した通り美白というのは、しみ・そばかすなどの色素沈着が少ない明るい美肌を目指すスキンケアのことです。

これを聞いて「何だか、がっかり。メラニンが作られるのを抑制するだけなんだ。」という残念な気持ちになっていませんか?

がっかりするのは、まだ早い

でも「抑制をしてくれる」働きがあるというのは、とても大きな意味があります。美白化粧品はメラニンが作られるのを抑制することで未来の肌をシミのない方向の肌に導いてくれるからです。

要するに今の時点で肌の表面にある、しみができている部分の角質が垢として剥がれ落ちれば、シミは薄くなっていくというわけです。

さらに次の段階で皮膚の表面に達した角質に含まれているメラニンの量が少なくなれば、ターンオーバーを繰り返すうちに少しずつ色素沈着が少ない明るい美肌に変わることは可能なのですよ。

出来てしまったしみ・そばかすを消すにはハイドロキノン

美白化粧品について、ここまで述べて来ましたが、ここからが本題です。

あなたは、ハイドロキノンという美白に有効な化粧品があるのをご存知でしょうか?

ハイドロキノンの一番の特徴は未来にできるしみを防ぐだけではなく、今すでに出来てしまっているシミにも期待できるのです。

ハイドロキノンは、しみの原因であるメラニン色素を生産している工場であるメラノサイトを減少させて、しみを薄くすることが期待できる成分です。

効果が期待できる半面、副作用があるため美容皮膚科や美容外科・皮膚科などの医療機関で医薬品として処方されていました。

でも2001年の薬事法の規制緩和によって安全性が比較的高い低濃度であれば、化粧品に配合することが可能になりました。医療機関以外で一般的に入手可能なハイドロキノンの濃度は、2~4%程度のものでクリームが多いです。

またハイドロキノンを使用する時には濃度に関係なく、自分の肌に合うかどうかを確かめることが大切です。市販のハイドロキノンクリームの中には、本商品を購入してみる前にトライアルセットが販売されているメーカーもあります。

効果があるか・自分の肌に合うかを知るために、有効に活用してみてはいかがでしょうか?

ハイドロキノンを使用している時の注意点は、次の通りです。

  • 必ず日焼け止めを使用し、できるだけ紫外線を避けるようにする
  • 酸化しやすいので開封後は冷暗所・冷蔵庫に保存し、早めに(1ヶ月が目安)使い切る

ハイドロキノンを使っている時はメラニン色素が作られるのが抑制された状態になっています。メラニン色素はしみ・そばかずの原因で悪者のように思われがちですが、紫外線などの刺激から肌を守ってくれる役割があります。

ハイドロキノンを使用したままの状態で強い紫外線にさらされてしまうと、無防備な状態の肌には肌の老化につながってしまうことになるので要注意。

ハイドロキノンの保存については冷暗所・冷蔵庫と主に2通りあるのですが、熱や光に弱く酸化しやすいです。酸化を防ぐという意味では、冷蔵庫での保管が望ましいといえます。

ドクターズコスメ ビーグレン

また、ハイドロキノンクリームを買うなら輸入物には注意してください。中には高濃度なものが紛れています。初めは安全性の高い低濃度のものから試すようにしてください。

おすすめは、ビーグレンのクリームです。ビーグレンはドクターズコスメで、濃度は1.9%とかなり安全面に配慮したものになっています。

ビーグレン公式ホームページ
https://www2.bglen.net/

まとめ

しみ・そばかすは鏡を見るたびに気になってしまいますね。しみは一度出来てしまうと、なかなか薄くなりにくい肌トラブルです。

出来てしまったしみ・そばかすを目立たないように薄くしたり、未来にできるしみ・そばかすを予防する化粧品で、毎日のケアを継続することで美白や美肌を目指すことが大切です。

紫外線の影響や年齢を重ねたことでできたしみ・そばかすを消したい(薄くしたい)なら、ハイドロキノンがおすすめです。ハイドロキノンは低濃度であれば刺激も弱く、即効性はありませんが安全性は高いです。

ただ副作用が現れることもあるので使用方法、使用する量などは必ず守るようにしてくださいね。

しみ・そばかすを今以上に増やさないように正しい知識を得たうえで、毎日のスキンケアを行い、栄養バランスのよい食事や良質な睡眠・疲労やストレスを溜めないようにするのも美白や美肌につながります。

▲ページトップに戻る

テキストのコピーはできません。