美白に効果がある成分を調べる

美白に効果がある成分には、様々な物があります。化粧品を購入する場合には、美白成分が配合となっているかを確認してから購入する事が大切となります。

美白効果がある成分としては、アルブチンやエラグ酸、ルシノールやビタミンC誘導体、プラセンタやトラネキサム酸などが良く知られた成分となります。

アルブチンは、メラノサイトに働きかけ、メラニン色素を作り出すために必要となる、酵素チロシナーゼを阻害する働きがあります。エラグ酸も同様に、酵素チロシナーゼを阻害する働きがある事がわかっていますから、美白に効果があります。

ルシノールは、酵素チロシナーゼと合体をし、メラニン色素を作り出すことを阻害する事がわかっていますし、ビタミンC誘導体には、酵素チロシナーゼの抑制だけではなく、肌の表面から肌を白くする効果もあり、ニキビ跡の改善などに良く使用されています。

プラセンタは、代謝を高める事が出来るとされており、肌の再生を促す効果があるとされていますし、トラネキサム酸は、メラノサイトへの指令をブロックし、メラニン色素が作られないようにする効果があります。上記全ての成分が化粧品に配合になっているわけではありませんから、自分に合いそうな成分が配合となっている化粧品を選びましょう。

その他にも、美白に効果がある成分は様々な物がありますから、化粧品を購入する場合には、配合になっている成分と、その効能をしっかりと確かめた上で化粧品選びを行わないと、継続して使用しても、全く効果が出ないというような事になってしまいますから、注意しましょう。

▲ページトップに戻る