美白にデメリットはあるのか?

美白を取り入れ、肌が白く透明感を持つようになると、紫外線のダメージを受けやすくなるとされています。

肌を守るためにメラニン色素が生成され、シミやそばかす、色黒となって、肌の表面に出てくるのです。

それを美白化粧品やサプリメントによりメラノサイトの働きを鈍らせ、メラニン色素ができないようにしてしまうことで、紫外線を浴びたりダメージを受けても、肌が黒くならず白いままとなりますから、それだけ肌へのダメージを受けやすい状態となってしまうのです。

場合によっては、紫外線やダメージによる、抵抗力が、極端に低くなってしまい、逆に、肌のシミを作りやすい状況になってしまう事がありますから、注意が必要となります。

美白を取り入れ、UVカットをしっかりと行っていても、目からも紫外線は吸収されますから、目からの紫外線を吸収する事で、肌を守るために、肌が黒くなってしまう事もあります。

ですが、美白を取り入れるのであれば、肌が弱くなってしまっている事が考えられますから、UV対策をしっかりと行う事が大切ですし、うっかり紫外線を浴びてしまった場合には、保湿をしっかりと行い、肌へのダメージを最小限に抑えるようにする努力が必要となります。

その他にも、美白を取り入れる場合、すぐには結果が出ないという事もデメリットに感じる人も多いとされています。肌は、生まれ変わるまで2ヶ月から3ヶ月程度経過しないと、その効果を感じる事は出来ませんから、すぐに結果が出ない事をデメリットに感じる人も多いのです。

▲ページトップに戻る

テキストのコピーはできません。