日焼けで起こる事とは

紫外線には、A波とB波、そしてC波があります。

C波は、非常に強い紫外線なのですが、オゾン層によって守られており、人には直接当たりませんから、現在では心配する必要がない紫外線の種類となります。

注意する必要がある紫外線は、A波とB波です。

A波とは、肌の表面の層にやけどを引き起こします。そのため、肌を守るために、メラニン色素が大量に作られることになり、日焼け肌となります。その結果、A波によってダメージを受けた肌は、シワやたるみ、シミやそばかすなどの老化現象を引き起こすとされています。

B波は、A波よりも、有毒であるとされています。A波のように、肌の表面をやけどさせるような力はないのですが、徐々に真皮まで行き届き、じわじわと肌の層を突き進み、コラーゲンややエラスチンなどを破壊し、シミや皮膚がん、免疫力の低下などを引き起こすとされています。

美白化粧品を使っている人の場合、ほとんどの人が日焼け止めを活用している事と思いますから、日焼け止めで防ぐことができる紫外線の種類を知っておくと便利です。SPFと書かれているのは、B波を防ぐことができる数値で、数値が大きい程、長い時間、B波を防ぐことができるという時間を表しています。

PAと書かれている日焼け止めの場合には、A波を防ぐことができるという表記で、プラスの数が多いほど、強力であるという意味があります。美白を目指す場合には、PAのプラスが多い物を選び、紫外線が当たる時間によって、SPFの数値を選ぶと良いでしょう。美白化粧品を使用しているだけで、浴びた紫外線をなかったことにできる物もありますから、自分に合った物を探してみましょう。

▲ページトップに戻る