紫外線が強い時期を調べ

紫外線は、年中降り注いでいるのですが、季節によって、紫外線の量が異なります。

夏場に一番紫外線が強いと思っている人が多いのですが、実際に紫外線量が多くなる時期としては、5月頃からの紫外線が急激に多くなると言われています。夏場ももちろん日差しが強く、紫外線の量も多いのですが、5月頃にうっかり日焼けをしてしまう事で、美白を取り入れていても、肌にシミを作ってしまう事があるとされていますから、注意しましょう。

紫外線が多い時間帯としては、お昼頃が一番紫外線量が多くなっていますから、ランチ時など、ちょっとした外出にも注意が必要となります。

曇りの日でも、紫外線は降り注いでいますから、5月から9月が終わるころまでは、日焼け止めだけに頼らず、肌を露出しないようにする事や、毎日のお手入れに美白を取り入れる事が非常に大切となります。

冬場は、ファンデーションに含まれているUVカットで十分な場合が多いのですが、夏場は特に、頻繁にUVカットの為のクリームなどを塗り直し、汗などで、クリームが流れ落ちてしまう事で、お手入れをしているつもりでも、日焼けをしてしまうというような事を防ぐようにしましょう。

紫外線は、肌からの吸収だけではなく、目からの影響を受ける事も多いとされていますから、長そでを着用するだけではなく、帽子をかぶったり、日傘を使う方法もお勧めですし、サングラスを利用する事で、目からの紫外線もしっかり防止するようにしながら、美白のスキンケアをしっかりと行いましょう。

▲ページトップに戻る