正しいUVカットの方法について

普段から美白を取り入れており、UVカット行う場合には、肌が露出しないようにすると良いとされています。アームカバーや日傘など、黒を選ぶ人が多いのですが、黒は、紫外線を吸収しやすい色となっていますから、白など、光を反射する色合いの方が、紫外線対策には効果が高いとされています。

日焼け止めをつける場合、薄く塗り広げる人が非常に多いのですが、薄く塗り広げてしまうと、日焼け止めの効果をしっかりと得る事が出来なくなってしまうと言われています。そのため、日焼け止めは、肌の上に白さが残るくらい、たっぷりとつける事で、表記されている効果を十分に得る事が出来るとされていますから、ケチらずに、たっぷりと使いましょう。

肌を露出していなければ、日焼けをしてしまう事はあまりないのですが、うっかり日焼けしやすい部位としては、Tシャツから見えている、首回りや襟足です。

暑くなってくると髪の毛をアップにする人も多くなるかと思いますが、髪の毛で覆われている時には、日焼けをしないのですが、アップにし、襟足が見えてしまう事で、うっかり日焼けをしてしまう事もありますから、肌の露出がある部分には、必ず日焼け止めを使いましょう。

ミュールやサンダルを履いた時の、足先や、アームカバーから見えている、指先なども、うっかり日焼けしやすい部位となりますし、美白が行き届かない部位となりますから注意しましょう。最近では、長そででも、ひんやりとした着心地で、夏場暑いと感じずに紫外線から肌を守ることができるような、カーディガンなども販売されていますから、美白を進めている場合には、取り入れてみると良いでしょう。

▲ページトップに戻る