肌のお手入れを行う年齢について

肌は手をかけただけ、答えてくれると言われています。

子ども世代の場合、肌の代謝が非常に良く、傷跡ができたとしても、2、3日ですぐに消えてしまう事が多いのですが、歳を重ねてからできてしまった傷跡は、消える事なく、そのままシミとなって残ってしまう事も多いとされています。

そのため、子ども世代には、美白のためのお手入れは必要ありません。美白を取り入れなくても、細胞が非常に活発ですから、何もしなくても、元の肌に戻るのです。ですが、紫外線は子ども世代でも浴びない方が良いとされていますから、お手入れとして、日焼け止めを使う事はお勧めとなります。

スキンケア用品などを取り入れ、美白を始める年齢としては、肌に悩みが出始めてからが良いとされています。多くの10代の女性は、中学生頃から、スキンケア用品を使い始める場合が多いとされているのですが、特に肌に悩みを持っていない場合には、日焼け止めだけで十分となります。

ニキビができてきたり、オイリー肌や乾燥肌になってしまった場合にのみ、普段の生活では、改善する事が出来ないわけですから、スキンケア用品を取り入れると良いのです。

若い世代の場合には、無理に美白化粧品を取り入れる必要はありませんから、肌に悩みがない人の場合には、メイクを始める頃になったら、クレンジングの後に、スキンケア用品を取り入れ、その日のメイクやクレンジグにより受けたダメージを、スキンケア用品により、修復してあげると良いでしょう。

▲ページトップに戻る